第21回非常食作り

10/16(金)に大田市立川合小学校で非常食作りが行われました

川合小学校5年生とケアハウス入居者、川合地区自主防災会が参加し、大田市危機管理課、大田市社会福祉協議会より防災講義を受けた後、非常食作りに入りました

コロナ禍の中、換気を十分にして手洗い、消毒、マスクの徹底を行いました

初めての土鍋炊き込みご飯

今回は初の試み!土鍋を使って炊き込みご飯を作りました

火加減を微妙に調節しながら…

土鍋の炊き込みご飯おいしそうに出来上がりました

ケアハウス入居者と5年生との交流

事前に5年生にはレシピを考えて来てもらい、各班で話し合い調理に入ります

この度、キッチンはさみを新たに購入し災害時に役立てられるよう非常備品に追加しました

力の弱い方でもはさみだと切りやすく安全です

試食会

各班工夫された非常食が完成しました

今回は今までに無かった蒸しパンを作っていた班もありました

終わりにケアハウスビラおおだ所長より非常時における取り組み状況を報告しました

もしもの災害時に備えてとても良い訓練が出来ました