訪問入浴介護

訪問入浴介護とは

介護保険の給付対象となる居宅サービスのひとつで、寝たきり等で入浴が困難な方のご自宅へ簡易浴槽や給湯機器を搭載した移動入浴車で訪問し、入浴の介護を行うサービスです。

看護師を含めた専門スタッフ3名がサービス実施にあたり、入浴前後の健康観察も行うことで安全で快適な入浴を提供します。

 

サービスの様子

簡易浴槽と給湯機器を積載した移動入浴車でご自宅に訪問します。

組み立て式の簡易浴槽をお部屋に設置し、その浴槽にお湯を溜めて入浴の介助を行います。

浴槽に溜めるお湯は、ご家庭の水道等から水を引き、入浴車のボイラーでお湯を沸かして使用します。

入浴前には看護師が血圧や体温の測定、体調の確認を行い、入浴に問題がないことを確認します。

入浴に必要な環境整備の他、洗身洗髪、衣類の脱ぎ着等も全て専門のスタッフが介助しますので、ご家族の負担も軽減でき、ご本人も安心して入浴をすることができます。

 

ご利用するには

介護保険の要介護認定で「要支援1・2」、「要介護1~5」の判定を受けた方が利用できます。(但し、要支援1・2の方は、ご自宅に浴室がない場合や感染症等の理由からその他の施設で入浴することが困難な場合に限られます。)

詳しくは担当のケアマネジャーにご相談下さい。まだ要介護認定を受けていない方や、まだ担当ケアマネジャーが決まっていない方は市役所の介護保険窓口か地域包括支援センターにご相談下さい。