おいしいね♪

コップ寿司クッキングがありました。

幼児組は遊戯室に集まり、大田市の郷土料理の箱寿司やお米の生長の話、コップ寿司の作り方などを聞きました。

興味津々でお話を聞き、身を乗り出しているお友だちもいました。

お話を聞いた後は手洗いうがいと消毒をして、きれいになった手が汚れないように、しっかりと手を組んで待ちます!

保育者が、卵→ご飯→具→ご飯の順番にラップを敷いたコップに入れていきます。

コップにご飯や具を入れる様子をじっくり見守る子どもたち👀

卵を入れると、「いい匂いがする…」と匂ってみるお友だちもいましたよ。

ラップを被せて…

上から優しくギュッギュッと押していきます。

「このくらいかな?」と、お友だちと確認をしながら作っていました♫

最後には大仕事が待っています!

作ったコップ寿司をひっくり返してお皿に乗せます。

「落とさないよう慎重に…」

「どうなるかな…」

「できたよ~」と嬉しそうな子どもたち❤

「上手にできた!」「卵が上に来た!」などと、自分で作ったお寿司に大興奮!

いつもよりも大きい声で『いただきます』のご挨拶をしました。

一番最初にお寿司を食べる子や、一番最後まで残している子、「崩したくないな~」と言う子など様々でした✨

美味しそうに、嬉しそうに食べていましたよ。

「自分で作ったからおいしい!」と、どんどん食べ進めてたくさんおかわりをしました。

コップ寿司の作り方をばっちり覚えたひこうき組さん、「お家でも作ろ~」と大盛り上がりでしたよ。

楽しくおいしいクッキングになりました😃